●物件データの検索
TDS[見積]データをデータベースとし、検索条件を設定することにより該当データを検索。
  
●数量概算・割戻し処理
該当データを検索し、新規概算物件の諸条件(建築面積、延床面積、戸数等)を入力することで割戻し率を算出。各工種に設定された割戻し率より数量換算し、概算見積金額を算出。
  
●TDS[見積]Exaと連動
割戻し処理後、TDS[見積]Exaが起動し即座に編集が行えます。

蓄積データを一覧表示し検索条件の設定後、該当データを検索します。蓄積データは[見積]Ver.3とExaデータに対応しています。
また検索結果のデータはそのままTDS[見積]Exaで開くことが可能です。


検索したデータに割戻し項目の設定及び概算物件の概要を入力します。


検索したデータに各工種の数量を、割戻し項目の割戻し率で換算し概算金額を算出します。TDS[見積]起動後は自由に編集が行えます。